日々星野、日々窪田

くだらないの中にある愛を探しながら

四宮春樹を冷酷と言った貴方へ

http://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171104/Taishu_30044.html

この記事を読んでどうしても言いたいことがある。

源さん演じる、しのりんこと四宮春樹からいいひとオーラが漏れちゃってるという内容。

 

物申したいのは記事の終盤のこの部分。以下抜粋。

 

【『逃げ恥』で星野が演じた津崎平匡は、日本中の女性に癒しを振りまきましたし、星野自体も『NHK紅白歌合戦』で国民的歌手として大活躍。そのイメージが強いですから、これまでどおりの冷酷な四宮を演じるのは無理な話なのかもしれません」(テレビ誌ライター)】

 

大事なことなので2度抜粋しますね。

 

【「これまでどおりの冷酷な四宮を演じるのは無理な話なのかもしれません」(テレビ誌ライター)」】

 

このライターは一体なにを言っているのだろうと。
いや、きっとこのライターはコウノドリ1をろくに見てないし、星野源をろくに知らないのだろうと。

 

たしかに、逃げ恥はコウノドリ1のあとに放送されたドラマだし、恋とかFamily Songとかを音楽番組で披露する源さんも見てればよく笑うしよく喋るし四宮とは違うよね。

 

で、そのイメージが強すぎて四宮を演じきれてないって?無理かもしれないって、仕方ないって?

 

今すぐコウノドリ1を見直せ。最初から最後まで。

 

1の頃の四宮は冷たい言い方しかできなかった。それは過去のトラウマのせい。妊婦さんに近づきすぎた結果起こってしまった悲劇のせい。自分にとっても妊婦さんと赤ちゃんにとっても冷たく接するのが最善だと思ってた。

 

でも少しずつ変わっていった。

ぽろっと下屋を褒めてあげたり。

1の最終話では笑顔を見せてたよね。

 

2はそこから2年後の話なんだよ。わかる?

 

1の間に変わったしのりんは2年間でもっと変わったんだよ。

 

そもそも、四宮は「冷酷」じゃない。どこをどう見たら四宮が冷酷な人間に見えるの?

 

言葉足らずで表現が下手くそでうまく伝わらないだけで、しのりんはいつだって母体と赤ちゃんの無事と健康を考えてる。いつでも最善を考えて、最善尽くそうとしてる。サクラやみんなとぶつかりもするけど、みんな想いは同じで、赤ちゃんが無事に生まれること、お母さんに何事もなく、無事で赤ちゃんを抱けること。しのりんもみんなもそのために最善を尽くしてる。

 

2のしのりんは1から大きく変わった思う。
伝えられるようになった。

 

1の頃は、「何かあったらいつでも来てください」なんて絶対に言わなかったし、ダメ夫に「手伝うじゃないだろ。あんたの子供だよ。」って説教することもなかった。

 

無事に産まれた赤ちゃんをNICUの外から眺めながら、サクラに「運が良かったな」って言った後に「サクラの母体と赤ちゃんを助けるっていう強い想いのおかげだろう」なんて労うこともなかった。

 

全部を抱え込んで苦しむサクラの肩に手を置いて「全部抱え込むな、サクラ」なんてことも言わなかった。

 

でも、しのりんの根幹は変わってないよ。ただ意識が変わって伝えられるようになっただけ。

それは演出であって、源さんの人柄で漏れてるわけじゃないし、源さんの演技力不足じゃない。

 

不足してんのはあんたらの読解力だよ。

continues 新潟公演1日目レポ(ネタバレなし)

エロパシ先行で外れたcontinuesですが、オフィシャル先行でなんとか第3希望の新潟初日が取れました。

 

第3希望の新潟のしかも平日しか取れないとかさすが源さんです。笑

1枚でも取れただけ幸運なのでしょう。

 

というわけで有給をもらい新潟遠征に行ってきました。

まぁ、遠征といっても、横浜を除き1番近い会場だから楽だったー。

 

以下、ネタバレなしで軽くレポします。

 

朱鷺メッセは初めてで(というか新潟自体が初めて)同行者から、後ろだと全然見えないから覚悟しておくようにと言われてたけど、まさかここまで見えないとは、、、という感じ笑

 

ちなみに座席はC後半の中央あたり。

 

私も同行者も身長が150センチちょっとなもんで、前の席に男の人来ちゃったら終わりだなと話してたら、お母さんと小さい子が来て、これはラッキーかも?と思ってたら、

ライブが始まった途端、お母さんが子供抱っこ笑

人の頭1こ分なら半歩どちらかによれば見えただろうけど、頭2こ分真ん前にあったらどう頑張っても見えません。

 

お母さんも2時間半ほぼずっと抱っこしっぱなしはさぞ辛かろうと思うけど、ちょっともう少し考えて欲しかったかな、、、もうどうせなら椅子に立たせてもよかった気もする。

一言声をかけられないチキンの私も悪いけどね。

 

それでも左右にスクリーンはあったので一応スクリーンごしに生源さんは拝めたし、生声、生演奏は全細胞で堪能しました。

私は源さんに会えただけで、生声を聴けただけで、もう満足です。

 

セトリは、なにも言いません。

言うのは全てが終わってから。

だけど、源さんの音楽へのリスペクトが溢れた素晴らしいセトリでした。

Continues、その意味の理解が深まるそんな素晴らしいセトリだったことだけ伝えておきます。

 

源さんが好きで、源さんの紡ぐメロディと詩が好きなら、Continuesツアーは本当に心に刺さると思います。もう一歩、源さんが好きになると思います。これ以上まだ好きになるのか!と思うくらいすでに好きな人も、きっともっと好きになる。

 

今まで普通に聴いていた曲も、Continuesの詩とツアーに源さんが込めた思いを知ってから聴くとまた違う表情を見せてくれます。

 

源さんは本当に音楽とまっすぐ向き合ってる。過去も今も未来も全ての音楽を愛してる。

 

今年は年明け早々yellow pacific 2DAYSがあって、アリーナツアーが始まって、追加公演も決まりました。

8月16日には10枚目のシングル「family song」発売。

CMもウコンの力どん兵衛、今日からはサッポロ生ビール黒ラベルも放送開始です。

ドラマは来月WOWOWの主演ドラマ、10月にはコウノドリ2が待ってます。

そしていつもどおり連載を抱えてます。ラジオも毎週やってます。

 

2017年元旦のCDTVで言ってた今年の目標「無理しない」果たして実現できてるのか心配になるくらいの多忙さです。

 

源さんをいろんな媒体で見られるのはファンにとっては嬉しい。とにかく嬉しい。

だけど、末長く幸せに長生きしてほしい。これもファンみんなの本音。

 

もう倒れる源さん見たくないよ。

 

ワーカホリックな源さんだから、いろんなことに全部まっすぐ向き合うんだろう。そんな源さんがみんな好きです。

でも、身体に気をつけて。そして末長く幸せに。

やっと源さんに会えて、すごく幸せだったから、本当に心からそう思いました。

 

まだツアーは折り返しです。

これから参戦が待ってる人、楽しんで!

期待しまくってもその期待を上回るほど楽しいから!それが星野源だから!

 

f:id:yellowmusic86km:20170701150732j:image

 

期待したほうが負け

今日はcontinuesの当落発表日でした。

 

源友と一緒に3公演ずつ、見事に全部落選しました。

 

東名阪以外もちゃんと選んだんだけどなー。

まさか全部落選するとは…。

 

twitterエゴサするに、わりと最低1公演は当選してる人が多いみたいね。

3公演とも当選してる人もいるみたいだし。

 

なんでここまで源運がないのかと。

 

yellow pacificも外れたし、でも外れたのはcontinuesのために運を使わなかったのだろうと自分を納得させて、今回こそ源さんに会えるだろうと、そう思ってたのに。

そう信じてたのに。

 

yellow pacificもcontinuesもどっちも当選してる人もいて、なんなんだろうね。

不公平だなぁ。

 

こんなこと思うのは源さんのファンとして失格だけど、

何のためにyellow magazineを買ったのかなぁ。

 

yellow passはyellow magazineの主役じゃない。

源さんANNでそう言ってたし、yellow magazineの内容の濃さはyallow passより価値のあるものだったそう思うけど、、、でもyellow pass先行でチケット取れないならもうライブいけるチャンスないじゃん。yellow passの恩恵、0じゃん。

 

はーーーーー。

こんなこと言っても仕方ない。

 

源さんの人気を祝福するべきなんだろうね。

 

オフィシャル先行も応募するけど

もう期待しない。

当たらなくて当たり前。

当たったら奇跡。

そう思わないとやってられない。

 

これだけ期待させといて当たらないとそりゃ心も折れるよ。

もう折れたよ。

 

 

現実的な台詞と非現実的な展開のタラレバ娘。

今期のドラマはどれもイマイチ。

と言いつつ、タラレバとカルテットとラブホの上野さんは見てます。

もともと録画派だから、土日なら暇な方に一気見してる。

 

その中でタラレバ娘について若干もやもやしてて。

 

私もアラサー未婚女なので、タラレバは見ていて共感できるというか、タラちゃんやレバちゃんの言葉やkey(坂口健太郎)の言葉がグサグサ胸に刺さって辛くなったりしてる。

 

25過ぎたら女子じゃない

とか、

周りと比べてどんなに「まし」を数えても全然幸せじゃない

とか、

 

私もいつも彼氏のいない女友達と集まってはタラレバばっか言ってお互いに傷舐めあって、あーあ、だから私たちっていつまで経ってもだめなんだねって笑いあってるのが楽しくてやめられない。

 

タラレバ娘はそういう描写はすごく現実的だし、だからこそ、グサグサ胸に刺さってるんけで、見終わったら、あーあ、つらい。人生ってつらい。なんて思ったりする。

 

ただ、タラレバ娘でもったいないと思うのが、偶然性に頼り過ぎてる展開。

 

keyに初めて会ったのも表参道で「偶然」ぶつかったから。2回目の出会いはkeyが「偶然」呑んべえに来たから。

 

そのあとだって毎回毎回「偶然」が起こり過ぎ。

焼肉屋で会ったり、表参道で会ったり、カフェで隣に座ったり、ライブ会場で会ったり、全部が全部「偶然」

 

大都会東京でそんな何度も偶然が起こってたまるもんか。

 

むしろそこまで偶然出会えるならそれはもはや偶然じゃなくて運命だよ。あんたら。

 

せっかく同世代の共感を呼ぶ台詞が沢山あるのに、展開があまりに非現実的過ぎて、偶然keyと会う度にまたか。ってなる。

 

ドラマに現実性を求めるなって話だけどね。keyに偶然会う度に冷める気持ちわかんないかなー。

 

こう、バランスが悪いっていうかさ。現実性と非現実性の。

 

あと、3人が3人ともある程度時間に自由のきく仕事をしてるからこそ成り立つな、とも思う。

 

普通、まっ昼間に3人とも集まるとか無理。

ネイリストと居酒屋の娘と売れない脚本家。

この職種の3人なら急に集まれるけどさ。普通のOLしてたら、急に集まれるなんて、しかもすごく頻繁に。無理だよなーって思ったり。

 

まぁ、坂口くんと田中圭が好きで、榮倉奈々と優子が好きなので、キャスティングした人とはいい酒が飲めそうだなと勝手に思っております。

ただ、鈴木亮平と吉高は好きではない。

鈴木亮平と吉高ってあれだね、花子とアンじゃないか。

 

花子とアンと言えば窪田正孝

花子とアン見てた時もどう考えても窪田くん一択だったな。

 

窪田くんと言えば今話題の東京グールか。

撮影自体は終わってるし主演ではないから、上映はするんではないかと思ってるけど、まだ決定はしてないね。

でも資金回収しないとならないし、お蔵入りさせずにこのまま上映する方が得策だとおもうけどなぁ、、、。

ある意味話題性は申し分ないわけで。

正式発表を待つ。

逃げ恥の沼田さんの仕事観

逃げ恥人気凄まじい。

最終回とその一つ前が両方とも15分拡大が決まったそうで。すげえ。

 

初回も15分拡大だったけど、3回も15分拡大ってすごくない??結果1回放送分くらいは多めってことだよね。最高ですか。ありがとうございます。

 

火曜日楽しみで仕方ないけど、それと同じくらい逃げ恥ロスが恐ろしい。

 

Nのためにに続いて、Blu-ray買ってしまうかもしれないこれは。メイキングとか見たすぎる。

 

ガッキーが可愛いのは言わずもがななんだけど、平匡さん、もとい、源さん可愛すぎるよね??

 

f:id:yellowmusic86km:20161126151927j:image

 

あざとい、、、あざといよ、、、。

飛び上がるほどに悔しい。

35歳男性に可愛いという感情を持ってしまう自分。

 

星野源が可愛いのか平匡さんが可愛いのか。

 

源友とも話して二人で大興奮したシーンがあるだけど、

 

f:id:yellowmusic86km:20161126172113j:image

 

これですね。6話のラストシーンのこれです。

この引きのシーンは7話の最初に流れました。

 

もちろんこのキス自体にも興奮しましたが、しかしそこじゃないの。

これね、このキスシーンね、引きのシーンで判明したけど、キスしてる時、平匡さんの手がみくりさんの手をさわさわしてるの。もうね、なんで?なんでさわさわしてるの?たまらない。

 

オールナイトニッポンで源さんが、キスしてるのは平匡さんだから!って言ってたけどさ、たしかにキスは平匡さんだったと思うよ。そこはね。

でもさ、手のさわさわは完全に星野源だろ!

 

プロの独身はさわさわしない!!!

 

星野源はキスする時に手をさわさわする、、、もう癖でちゃってるから、、、やめてー。心臓持たないからやめてー。つらい。キスされたい。

 

というわけで本題いこう。

沼田さんの仕事観に全私が泣いた件ですね。

 

f:id:yellowmusic86km:20161126193846j:imagef:id:yellowmusic86km:20161126193851j:image

 

これ。

これほんとに真理だよなーって。

 

仕事ってほんとに仕方ないと帰りたいで出来てる。

帰りたいから仕方なく、目の前の仕事に向き合ってる。

 

このシーンの沼田さんの言葉にすごくしっくりきて、ある意味諦めてついたというか、心が軽くなった。沼田さんありがとう。

 

仕事大好き!!って人ももちろんいるけど、私は全面的に沼田さんタイプですね。

 

逃げ恥ってさ、仕事観だけじゃなくて人生観とか結婚観がそれぞれのキャラクターの台詞に散りばめられてて、ラブコメなのにハッとしたり、時には心の声にグッときて泣きそうになったり、好きだなぁ。

 

 

今更ビクターロック祭の源さんレポ

今日はドリフェスですね。ビクターでは並ぶ前にグッズが売り切れたので今回こそはグッズを必ずゲットしたいと思います!

 

というわけで、当日殴り書きしたメモを元に、10/9 ビクターロック祭りー大坂の陣ーのレポを今更だけど書いてくよ。

 

とりあえず以下セトリ。

 

リハ downtown

くせのうた(弾き語り)
地獄でなぜ悪い
化物
MC1
桜の森
MC2
夢の外へ
CRAZY CRAZY
MC3
SUN
WEEKEND
恋(アンコール)

 

 


★リハ
downtownいつもより激しめかつ長めだった。会場全体が自然と手拍子を初めてわくわくがどんどん加速してった。


★くせのうた
星野源!ってスクリーンに映し出されたあと暗転して、歓声がおっきくなったら、突然スポットライトの先に源さん登場。

「きみーのくせをー」と始まり会場が一瞬でしーんと静まりかえって源さんの声だけが響く感じが最高だった。普通に涙出てきた。

源さんの弾き語りは何回聞いても慣れないというか、感情がコントロール出来なくなって気がつくと涙が出てる。

ふと隣を見ると、男の人だったんだけど涙を拭っているように見えた。友達でもなんでもなかったけど、すごく嬉しくなった。源さんのことを話したくなった。


地獄でなぜ悪い
いつもよりイントロが激しくてくせのうたからのギャップがすごくて、身体がびっくりした!一気に会場のボルテージ上がったのがわかった。

地獄のイントロはほんと素晴らしいよね、全部持ってかれる感じ。


★化物
ここでいつもの自己紹介。「こんばんはー!星野源でーーーす!!!」

こないだANNでリスナーからの「なんで毎回自己紹介するんですか?」って質問メールに答えてたね。

どんなに売れても俺を知らない人は絶対にいるし、顔と名前と曲が一致してない人もいるはずだから知ってもらうって意味も込めてるって。

 

話変わるけど、逃げ恥っておばさま世代にも人気らしく、母が友人と逃げ恥の話で盛り上がったらしい。

その時に、星野源って誰?初めて見たんだけど、と友人に言われて、母は「SUN歌ってる人だよ」とyoutubeでSUNのpvを見せてあげたんだって。

そしたら、「この曲聴いたことある!これ歌ってる人が星野源っていうんだ!!」となったらしい。

これ聞いて、まず、SUNすげえな。っていうね。「誰もがなんとなくでも聞いたことのある曲」になってんだよ、SUNって。

そしてだからこそ、星野源の顔と名前と音楽が一致してない層はたくさんいるってこと。

源さんの自己紹介、そもそもあの時の源さんの笑顔と声と無邪気な感じ大好きだし、毎回あれを待ってるから、ずっとやってほしいな。


★MC1
星野「グッズを発売したんですけど、昼頃には全部売り切れちゃったみたいで、ありがとうございました!」

 

でも、源さん曰くいつもより多めに用意したとか。朝8時から並んでた猛者がいたらしく全然無理だったなと反省した。怠惰が招いた悲劇です。

 

本当に全部売り切れたんだよ。何も残らなかったんだよ、何事だよ、、、。

あ、ウィーク遠藤と時よちゃんキーホルダーだけはあったけど。

 

星野「次もまたどっかで売るので買ってね、並んでくれてありがとう」

 

星野「初めてハンカチ作ったんです。名前が汗ふきたくて、、、布。これは来たなと思いました(ドヤ顔)」

 

〜たくて、◯に完全にこの人ハマってますよね?笑

腕に巻きたくて、、、夏。

汗ふきたくて、、、布。

次何がくるか楽しみですw

 

★桜の森
やっぱり桜の森きた。セトリ予想で桜の森は外せないよなと源友と話していた。

正直、初めて聞いた時はそれほど惹かれなかった楽曲なんだよね、どちらかといえばCRAZY CRAZYの方がガツンと来たというか。

でもさ、源さんの曲あるあるなんだけど、聞けば聞くほど好きになっちゃうんだな、桜の森。
源さんのアウトロが死ぬほど好き。

ほんとに、自然と身体が動き出す魔法の曲。


★MC2
星野「新曲出したんですけど、、」

会場「おーーー?(期待感)」

星野「まだやりませ〜ん。」

会場「えーーー!!!!!」

星野「みんなの声をデシベルで測ってそれ次第でやるかやらないか決めまーすwww」

 

お、ここで恋か?と期待させながらS星野出しちゃうとこほんと好き←

 

星野「次やる曲、手拍子してください、あと、うーつすーだーけー!って一緒って言うから一緒に歌ってね、わかんない人はアーーーー!って言ってくださいw」


★夢の外へ
★CRAZY CRAZY
私、スタンドのとっても遠くだったんですけど、やっぱアリーナの方がみんな踊ってて楽しそうだったなと。

源さんの「とべーーーー!」で私は飛びまくったんだけど、周り割と静かでちょっぴり切なかった。笑


★MC3
いつも通りアンコールを予告。曲まで予告。

 

星野「あと2曲です」

会場「えーーーー!」

星野「でもなぁ、俺大阪好きだしなぁ(ニヤニヤ)」

会場「いえーい!」

星野「でもなぁ、、、、(チラッ)」

会場「えーーーー!!!!!!!」

星野「よし、すぐデシベル行った」

会場「www」

星野「みなさん、、、星野源のライブ、星野源が出るフェス、星野源n、、、噛んだので最初っからやります」

会場「wwwwwww」

 

みんなの「えー」からテイク2

 

星野「よし、すぐデシベ(ry」

星野「みなさん、、、星野源のライブ、

会場「おー?」

星野「星野源が出るフェス、

会場「おー????」

星野「星野源がトリのフェス、アンコールを予告します!!!」

会場「いえーーーーー!!!!」

星野「いい人たちだなぁ(しみじみ)」

会場「www」

 

星野「なので、2曲終わって終わりって感じではけますのですぐ手拍子してね」

星野「ライブはみんなで作るものだから (キリッ)、ね、よろしくお願いしますね」


★SUN

からのSUN
いつもの場所で安定のテープ発射。SUNはテープ発射と相性バツグンだよね。

くるとわかっててもほんとにアガる。

 

ちなみにテープは終了後アリーナまで取りに行こうとしたけど、全然行けそうもなくて(当たり前)、諦めかけたら女の子がくれた。やさしさ。けど、なんも書かれてないただの金銀テープでした笑


★WEEKEND

アンコールはてっきりFriend Shipだと思ってたから意外だった。

最近ずっとFriend Shipだったし、ANNも最後もFriend Shipだから、もうイントロ流れるだけで哀しいというか切ない気持ちになるんだよな、胸がキュッと締め付けられる感じ。

終わらないでくれ、終わらないでくれって。条件反射笑

でも今回はWEEKENDだったのであまり切なさはなかったな。


★恋(アンコール)
恋のPVの衣装のストライプシャツに着替えて登場しました。(くそかわいかった。)


星野「曲は今初めて言うからね(しれっ)」

星野「さぁ、みなさん、なんと、10/5発売の恋をやります!!!」

会場「いえーーーーーー!」

星野「いい人たちだなぁ笑」

 

星野「ドラマでね僭越ながらガッキーの夫役を、、、」

会場「いえーーー!」

星野「いやー中学生の俺が知ったら倒れるなw」

会場「www」

 

(いやいや、あなたが中学の時ガッキーまだ世に出てないだろと思ったw)


星野「ライブでやるの初めてだよーーーー!(すげー嬉しそう)」


もうね。なんだろ。CD音源でも楽しいのにさ、生の恋の破壊力やばかったよ!ほんと。楽しすぎる。

あとね、間奏の時のりょーすけさんがかっこよすぎた。惚れた。 

 

テープ発射、恋でもいいんじゃないかなって思った。これ、絶対くっそ盛り上がるよ。恋+テープ発射って。

 

最高だった。

 

★最後の挨拶
星野「最初にビクターに入った時、チラシ1枚も刷ってくれなかったんですよ」

 

星野「でもこんな素敵なステージと素敵な仲間も呼べてすごく幸せです」

 

星野「これからもビクターをよろしくお願いします笑」


ラインナップ予定なかったみたいなんだけど、源さんラインナップしようって言ってみんなで並んだ。

この時めっちゃ笑ったのが、

星野「俺をセンターにして人数的にバランス取って!」

で明らかに源さんの左が多すぎるwww

 

りょーすけさんが右側に移動した後、バイオリン2人くらいも移動しようとしたら

 

星野「みんなでそっちいっちゃダメ!!!」

で会場大爆笑。

 

で、なんとかうまい具合に左右別れて、落ち着いて手を繋いで挨拶。

 

サポートメンバーがはけたあと後、手を振りながら

星野「また会いましょうー!!!」

 

最後の最後、

星野「最後にもう一回!星野源でしたーーー!」が最高に萌えた。

 

ほんと楽しかったなぁ。

 

 

 

 

 

私が窪田正孝に惚れたワケ

源さんのことばかり書いてたので今回は私が窪田くんにハマったワケを書いてみようと思う。

 

窪田くんを初めて見たのは(というか認識したのは)逆転大奥(堺雅人菅野美穂の連ドラ)だった。チャラいけどモテモテの町人捨蔵(お楽)が大奥に入り将軍(菅野美穂)との子供を作るんだけど、まず大奥に入る前の捨蔵はとにかくエロい。キスシーンがエロすぎる。色気ダダ漏れ問題。ちなみにその時道端で窪田くんにキスされる町娘はブーム前の吉田羊ちゃん。

 

でも私がこの俳優さん気になる、、、ってなったのはエロいからではなく、大奥に入りお楽と呼ばれるようになってから。演技とか顔とかじゃなく、八重歯。なにこの俳優さん、八重歯かわいい!!!というまさかの八重歯きっかけでした。お楽の無邪気さと八重歯が妙にマッチしてすごく可愛かったんだよね。

 

それからは窪田くんを見るたびに「あ!お楽!八重歯!かわいい!」となった(まだ名前を覚えられなかった)

 

ちゃんと名前覚えたのはSUNMER NUDEかなぁ。お楽の人が出るから見ようかな、みたいな感じだったのか、見てみたらお楽が出てたから見続けたんだったかどっちだったかは忘れたけど、この時にお楽は窪田正孝だと認識して名前をちゃんと覚えた。

 

この時も戸田恵梨香とのキスシーンが話題になってたね。キスシーンの上手い俳優ってなってて。脱線するけど私的窪田正孝最上キスシーンはアルジャーノンに花束をの最終回、大政絢ちゃんとの別れのシーン。最初で最後のキス。あんなに切なくて美しいキスシーンを私は他に知らない。あのシーンは何回再生したかわからんね。今でも脳内再生余裕。そしてドキドキが止まらない。

 

f:id:yellowmusic86km:20161014213015j:image

 

窪田正孝のキスといえば相手の顔を包み込んですることが 多いんだけどそれがたまらないんだよなー。大奥もSUMMER NUDEもそうだった。アルジャーノンは包み込んではないんだけど、なんだろうか、カメラワークも最高なんだけどあの首の傾け方?魅せ方というか。とにかくいいんだよな。てか横顔がそもそも好きなんだ。窪田正孝のなにが素晴らしいって横顔と手の美しさ。これ。

ダメだ、脱線しすぎた。

 

話を元に戻すけど、SUMMER NUDEで窪田正孝の名前を覚えた。その次のクールで私は沼に完全にはまることになりました。そう。「Nのために」です。Nは最初から窪田正孝が出るからという理由で見ることを決めたドラマだった。元々見ようと思ってなかったけど、窪田正孝榮倉奈々(榮倉奈々ちゃんも割と好きだった)が出るの?じゃあ見ようと。

Nを見た人ならわかると思うけど、こんなの窪田くんにハマるに決まってるってくらい窪田くんの演技は素晴らしかった。

事実、窪田くんはNでテレビジョンの最優秀助演男優賞に輝きました。

世間が窪田くんを明確に正しく評価した、そんなドラマだったと思う。

Nについてはいくらでも書けるのでまた別の機会に死ぬほど書きたいと思うけど、とにかくNのためには素晴らしいドラマで、私は人生で初めてドラマのブルーレイディスクを購入したのだ。

 

ラストシーンの美しさは歴史に残る。

 

f:id:yellowmusic86km:20161014213823j:image

 

とにもかくにも、私はNのためにの窪田くんの演技に惚れ込んで、見事に窪田沼にハマるに至りました。

 

その次のクールが前述したアルジャーノンに花束を。で、アルジャーノンは山P主演だったけど、窪田くんの演技が山Pを食っていると話題になったりして、窪田くんは名実共に実力派俳優、カメレオン俳優として広く認知されることに。

 

初めて出会った大奥からジワジワと私の心に侵食してきた窪田くんは今では見事に星野源と二大勢力となって私の心を占めております。