日々星野、日々窪田

くだらないの中にある愛を探しながら

アンナチュラル5話観たから感想かいた

3話と4話、書き損ねました。

 

とりあえず5話観たから感想かく。

 

今回のゲスト俳優(泉澤祐希さん)は表参道高校合唱部から注目してた俳優さんでした。あの時は高校生役だったからすごく若いイメージだったけど、24歳でした。

 

今回もlemonの流れるタイミング神がかってた。4話も神がかってたけど、

「夢ならばどれほどよかったでしょう」

本当に胸に刺さる歌詞。

 

3/14発売って遅すぎるだろ!ドラえもんより後って、、、待てるかーーー!って思ってたけど2/14に先行配信ですってね。

秒でダウンロードします。

 

久部が言ってたね。

「鈴木さんは彼女のことめちゃくちゃ好きだった」

「人生全部だった」

 

もしもそれくらい大切な人が突然いなくなって、それが殺人で、犯人が分かったんだとしたら、私も鈴木さんと同じことをするかもしれない。鈴木さんを責められない。

 

ミコトが叫んだ「まだ間に合うから」

鈴木さんが返した「何が間に合う?果歩はもう死んだ」

 

鈴木さんにとっては、彼女のいない世界になってしまった時点でもうなにも間に合わない。何も未練ないんだよ。

 

中堂さんは自分と同じ境遇の鈴木さんを自分と同じ人生にはしたくなかったんだよね。

中堂さんは今もずっと苦しくて、きっと報復したいんだ。それが今の中堂さんが生きる理由。

 

だから報復するってわかってて、わかってたからこそ鈴木さんにすぐに真実を伝えた。

 

きっと、俺の代わりに想いを遂げてくれ。っていう気持ちだった。

 

鈴木さんを犯罪者にしたくないっていうミコトの気持ちもめちゃくちゃわかるけど、ミコトが言ってた「倫理と感情の狭間」だよなぁと。

 

ミコトとしては鈴木さんの明るい未来のために今回調べたわけで、人殺しにするためじゃなかったのに結果そうなってしまった、そう導いた中堂さんが許せない。

 

ミコトも中堂さんも大切な人を失ってるという点では共通点があるけど、ミコトは犯人もわかっていて、今のお母さんのおかげで気持ちの整理もついてる(家でのシーン)、中堂さんは何もわからない答えのない問いの中に今もいる。

 

その違いが今回の考え方の違いに現れてるんだろうなぁと。

 

ミコトが家で言った「同情なんてされたくない」、中堂さんに言った「同情なんてしない」
これはミコトとしては最大の譲歩であり思いやりなんだろうなと思った。


今回の結末は、ミコトはやっぱり納得できないし中堂さんのしたことは受け入れられない。
同じ法医学者としてはUDIから出てってほしい。

 

でも倫理と感情の狭間で悩んで、中堂さんを救いたい気持ちはあるんだよ、きっと。

 

問い詰めるミコトに中堂さんが言った「想いが遂げられて本望だろ」が今回最も重いセリフだと思った。中堂さんの苦しみが。

 

それでもやっぱり鈴木さんが殺人者にならなくてよかった。殺人罪じゃなくて殺人未遂になってよかった。鈴木さんの未来のために、これからの人生のために。

 

果歩を殺した女の殺害動機があまりにリアルというか人間臭いよね。

「なんであんな女が、私より幸せなのよ。」

 

クソみたいな嫉妬。

こんな殺害動機、鈴木さんにとっては最も苦しい理由だよ。

 

幸せにしたくて、ずっと守りたくて、そうやって愛してきたのに、そして2人は確実に幸せだった。

それが大切な人を奪われた理由だなんて。

こんなやりきれないことないよ。

 

だけど、あの女は助かってよかった。陳腐な言い方だけど、殺した女は生きて罪を償うべきだと思うから。

鈴木さん、果歩さんのいない世界だけど、それでもどうか、穏やかで幸せでありますように。

  

というわけで、以下個人的に好きだったシーン。(中堂さん好きすぎ注意)

 

「なんで坂本は辞めたんだ」とブチ切れる中堂さん。

 

屁理屈こねて肺しまわなかった中堂さん。

 

ミコトに無理やり「協力要請」させられた中堂さん。(かわいいよお)

 

中堂さんの部屋で顕微鏡とにらめっこしてるときに、東海林と久部が飲み始めて騒いでるのを見ながらまったく、、、って感じで優しく微笑んだ中堂さん。

 

部屋ぐちゃぐちゃにした東海林と久部にぶつぶつ文句言いながらテキパキゴミ片付けてる中堂さん。

 

翌朝ミコトが中堂さんの彼女が書いた絵本読んでる時にナチュラルにミコトにもコーヒー入れてあげてた中堂さん。(なにそれずるい)

 

本の話する時、優しい声と表情なのずるい。

 

ミコトが「何か出来ることは、、、」って聞いた時の「今やってる」って返した優しい声と優しい表情なのずるい。

 

雪が舞う空を切なげに見上げる中堂さん。このシーンはなんだろう。美しすぎた。哀しいとか、寂しいとか、苦しいってなんでこんなに美しいんだろう。今回のハイライトシーンです。

 

f:id:yellowmusic86km:20180214220300j:image

 

ああ、中堂さん幸せになってほしいよ。中堂さんが愛した人はどんな人だったんだろう。

彼女にだけめちゃくちゃ優しいのかな、あの優しい表情で見つめるのかな。(妄想)

 

ていうか井浦新、神ですか?

恐ろしいもうほんと。

 

今回は久部のバイクシーンなかったね〜

次回に期待。

 

赤ニット着てたとき腕まくりしてて最高でしたよ。腕まくり男子最高だよ〜

 

前から(Nのためにの時から/写真参照)思ってたけど窪田くんって赤似合うよねー。あと青も似合うよね。

てかなんでも似合うけどね。(結局)

顔ちっちゃすぎるよね。

 

f:id:yellowmusic86km:20180210105954j:image

 

顕微鏡持って来たときの「めっちゃ泥棒っぽいんですけどね」って不満ちょろっとぶっこむのががかわいいよね、かわいいよ六郎。

 

ミコトと中堂さんが付き合ってるって勘違い六郎かわいいねーおめでとうってw

付き合ってるわけじゃないとわかったらニヤニヤしちゃってさ。

でも六郎にミコトは難しいんじゃないかな?笑

 

ところで久部は、うーん、記者になりたいのかなぁ。

地雷にしか思えないよね、ここまで来てUDIのみんな裏切っちゃうの?っていう。
まぁフラグ立ちまくってるからこの後嵐がくるんだろうけど。


でも、今までの回を見ても久部の裏の顔?の設定なくてもストーリーとして十分成り立ってるのにここからまだ久部裏ストーリー入ってくる?って感じがするんだよな。

 

これだと尺足りなくて、今までの濃厚なミステリー要素が薄まるとしたらもったいないなーと思い始めている。

 

まぁでもきっとこんな心配も裏切ってくれるよねーまた来週が楽しみです!

 

2/14追記

Lemon先行配信の日程間違えてた!

2/12でしたね。

ダウンロードしてからずっと聴いてます。

アンナチュラル2話見たから感想書いた。

いやー窪田くんはまり役ですよ。

ある種、UDIで最も異質かつ外れた存在なのがいい味出してる。

 

そしてアンナチュラルの制作様には、毎回窪田くんのバイクシーンを入れてくださって感謝しかない。以前のHONDAのCMが思い出されるね。

 

f:id:yellowmusic86km:20180120145849j:image

 

 毎回後ろに石原さとみという美女が乗ってるのも画的に最上ですよねー。

 

次回からも見られますように。

 

ストーリーはやっぱ素晴らしいね。

シンプルな展開じゃなくてかならず視聴者にサプライズがあるのが素晴らしい。

 

ミケちゃんが最後まで身元不明ってところは悲しかったけど、、、名前も何も知らなくても花ちゃんにとっては生きる支えだったんだね。そしてこれからも生きる意味になるんだね。きっと白夜を見に行くんでしょう。

 

ところで、冷凍車に閉じ込められてたシーンって本当に寒かったのかなぁ。ほんとに2人ともまつげ凍ってたように見えて本当にとても寒そうでした。

 

てか、そこで、石原さとみが凍えて文字書けないシーンで窪田くんが石原さとみの手を両手で暖めようとするシーンで不覚にもキュンとしてしまった。命の危機のシーンなのにすんません。でもされたい←

 

冷凍車のシーンは全部よかったなぁ。

石原さとみ窪田正孝もどっちの演技もよかった。

ミコトと久部の関係性がよかったね。

 

あ、そうだ、最後ミコトが中堂さんにお礼と焼肉のお誘いした時のやりとりが最高だったね。

 

「俺に感謝してるのか?」

「なら話しかけるな」

 

井浦新最高かよ、、、。

イケメンに冷たくされるの最高。

 

ミコトが車の中から助けを求めてからの中堂も冷静なフリしながら頭はフル回転してる感じがめちゃくちゃかっこよかったです。

 

あ、あとねー、ポンコツ刑事コンビっていう立ち位置なのかな?あの2人いいよね、大倉さんともう1人あの俳優さんどなただろう。吉田ウーロン太さんでした(調べた)

 

「ゆきおとこのい、、、」

「え?」

「い!」

「え?」

「え、いえ?」

「え、いえ?」

「「いえ!!」」

みたいな流れ、好きだった。

相棒のいたみんと芹沢みたいな可愛さがあったよね。

相棒も大好きだから、ふふってなった。

 

いやーほんとこのドラマすき。

早く来週の金曜日こーい!

アンナチュラル1話見たので感想書いた

◇ストーリー
野木脚本さすが。常に期待を裏切ってくれる。


二転三転じゃ足りないくらい四転五転くらいストーリー展開に鳥肌でした。


何度も何度も裏切られて、でも最後、高野島さんの名誉が回復してよかった。


本当に良かった。


二股野郎でMERSを日本に持ち込んだ最低戦犯ではなく、一途で真面目で常識的でキスが大好きな男性でした←


医療系もミステリー系も好きであれこれ見ているので、目は肥えている方の視聴者だと思うけどアンナチュラルは完全に大満足。大好き。2話以降も期待しかない。

 

井浦新
こういう協調性のない一匹狼が最後にいいところ持っていくのたまらないっす。
イケメン異端児最高説ある。

 

石原さとみ
松重豊石原さとみの食べるシーンに注目と番宣で言ってた。食べるシーンはこのドラマの鍵だと。


1話だけで5回かな?
朝一の天丼、福士誠治と飲み屋、家でビール、山口紗弥加とあんぱん、ラストシーン(何食べてたっけ、また天丼?)


特にあんぱんは良かったね。

そんな気分じゃないからこそ美味しいものを食べるんだ。


これから私はきっと、つらいことがあった時にはこのシーンを思い出しておいしいものを食べるのだと思う。


山口紗弥加

なんでこんな時なのに美味しいの…嫌になりますね、もすごくよかった。

 

いつも文句も言わずに待っていた福士誠治が今日だけは優先してほしかったっていう気持ちも痛いくらいわかる。


し、あの状況で、不特定多数の未来を優先したこと、遅刻の言い訳にしない、何も言わない石原さとみが切なかった。

 

小笠原海
ラストの、姉ちゃんは寝顔を見せられないんだよ、は染みたなぁ。


「寝顔を愛しいと思える人を愛しなさい」


セリフは少ないけど、姉への思いが心に刺さりました。


私も弟いるけど、姉ちゃんと呼ばれたことは一度たりともないので、個人的には姉ちゃん呼びが羨ましいです←

 

窪田正孝
はい本題。
アンナチュラルでの窪田君の立ち位置はすごく重要だよね。


アンナチュラルは専門性の高いテーマのドラマだから、ドラマの中の世界の当たり前が視聴者の当たり前と乖離して、結果、視聴者を置いてけぼりにするリスクがあるよね。


だからこそ、窪田くんの反応とか、疑問とか、発するとても一般的な発言が大切になってくる。


ドラマのストーリーに視聴者がちゃんとついてこられるように、窪田くんがドラマと私たち視聴者の架け橋になってくれてるんだなと見ていて感じた。


一ファンとしては、常に眼鏡姿だし、バイク乗ってる姿拝めるしで控えめに言っても最高ですよね。本当にありがとうございます。笑


あとは久しぶりに闇を抱えていなそうな窪田くんだなという印象。


Nのためにの成瀬君のような無害で穏やかで優しい声質が聞けてとてもいいです、最高です。

 

アンナチュラル永遠に続かないかな?

もう今からアンナチュラルロスが怖い。

過去最速です。

 

 

源さんを改めて好きだと思った。

‪昔の源さんの情熱大陸を見ていて、こういうことを自然と言える源さん、やっぱ好きだなって思った言葉。‬


‪「つらいことの中には意外と面白いが混じっている」

 

すごく、わかる。

 

自分も、辛かった時期を思い返して見ると

辛かったはずなのに楽しかったり面白かったことをすごく思い出すから‬。

 

源さんみたいに病に倒れて苦しんだとか学生時代生きるのが辛かったとかではないから、一緒にしちゃダメかもしれないけど、

 

苦しくて辛くてもがいてる時って、なんていうのかなぁ、「生きてる」んだと思う。

 

一生懸命に生きてたってことなんだと思う、その頃。

 

辛かったけど、頑張ったなぁって。

 

源さんが辛くて苦しくて地獄から這い上がったのを知ってるからこそ、源さんの言葉の重みをすごく感じた。

四宮春樹を冷酷と言った貴方へ

http://a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171104/Taishu_30044.html

この記事を読んでどうしても言いたいことがある。

源さん演じる、しのりんこと四宮春樹からいいひとオーラが漏れちゃってるという内容。

 

物申したいのは記事の終盤のこの部分。以下抜粋。

 

【『逃げ恥』で星野が演じた津崎平匡は、日本中の女性に癒しを振りまきましたし、星野自体も『NHK紅白歌合戦』で国民的歌手として大活躍。そのイメージが強いですから、これまでどおりの冷酷な四宮を演じるのは無理な話なのかもしれません」(テレビ誌ライター)】

 

大事なことなので2度抜粋しますね。

 

【「これまでどおりの冷酷な四宮を演じるのは無理な話なのかもしれません」(テレビ誌ライター)」】

 

このライターは一体なにを言っているのだろうと。
いや、きっとこのライターはコウノドリ1をろくに見てないし、星野源をろくに知らないのだろうと。

 

たしかに、逃げ恥はコウノドリ1のあとに放送されたドラマだし、恋とかFamily Songとかを音楽番組で披露する源さんも見てればよく笑うしよく喋るし四宮とは違うよね。

 

で、そのイメージが強すぎて四宮を演じきれてないって?無理かもしれないって、仕方ないって?

 

今すぐコウノドリ1を見直せ。最初から最後まで。

 

1の頃の四宮は冷たい言い方しかできなかった。それは過去のトラウマのせい。妊婦さんに近づきすぎた結果起こってしまった悲劇のせい。自分にとっても妊婦さんと赤ちゃんにとっても冷たく接するのが最善だと思ってた。

 

でも少しずつ変わっていった。

ぽろっと下屋を褒めてあげたり。

1の最終話では笑顔を見せてたよね。

 

2はそこから2年後の話なんだよ。わかる?

 

1の間に変わったしのりんは2年間でもっと変わったんだよ。

 

そもそも、四宮は「冷酷」じゃない。どこをどう見たら四宮が冷酷な人間に見えるの?

 

言葉足らずで表現が下手くそでうまく伝わらないだけで、しのりんはいつだって母体と赤ちゃんの無事と健康を考えてる。いつでも最善を考えて、最善尽くそうとしてる。サクラやみんなとぶつかりもするけど、みんな想いは同じで、赤ちゃんが無事に生まれること、お母さんに何事もなく、無事で赤ちゃんを抱けること。しのりんもみんなもそのために最善を尽くしてる。

 

2のしのりんは1から大きく変わった思う。
伝えられるようになった。

 

1の頃は、「何かあったらいつでも来てください」なんて絶対に言わなかったし、ダメ夫に「手伝うじゃないだろ。あんたの子供だよ。」って説教することもなかった。

 

無事に産まれた赤ちゃんをNICUの外から眺めながら、サクラに「運が良かったな」って言った後に「サクラの母体と赤ちゃんを助けるっていう強い想いのおかげだろう」なんて労うこともなかった。

 

全部を抱え込んで苦しむサクラの肩に手を置いて「全部抱え込むな、サクラ」なんてことも言わなかった。

 

でも、しのりんの根幹は変わってないよ。ただ意識が変わって伝えられるようになっただけ。

それは演出であって、源さんの人柄で漏れてるわけじゃないし、源さんの演技力不足じゃない。

 

不足してんのはあんたらの読解力だよ。

continues 新潟公演1日目レポ(ネタバレなし)

エロパシ先行で外れたcontinuesですが、オフィシャル先行でなんとか第3希望の新潟初日が取れました。

 

第3希望の新潟のしかも平日しか取れないとかさすが源さんです。笑

1枚でも取れただけ幸運なのでしょう。

 

というわけで有給をもらい新潟遠征に行ってきました。

まぁ、遠征といっても、横浜を除き1番近い会場だから楽だったー。

 

以下、ネタバレなしで軽くレポします。

 

朱鷺メッセは初めてで(というか新潟自体が初めて)同行者から、後ろだと全然見えないから覚悟しておくようにと言われてたけど、まさかここまで見えないとは、、、という感じ笑

 

ちなみに座席はC後半の中央あたり。

 

私も同行者も身長が150センチちょっとなもんで、前の席に男の人来ちゃったら終わりだなと話してたら、お母さんと小さい子が来て、これはラッキーかも?と思ってたら、

ライブが始まった途端、お母さんが子供抱っこ笑

人の頭1こ分なら半歩どちらかによれば見えただろうけど、頭2こ分真ん前にあったらどう頑張っても見えません。

 

お母さんも2時間半ほぼずっと抱っこしっぱなしはさぞ辛かろうと思うけど、ちょっともう少し考えて欲しかったかな、、、もうどうせなら椅子に立たせてもよかった気もする。

一言声をかけられないチキンの私も悪いけどね。

 

それでも左右にスクリーンはあったので一応スクリーンごしに生源さんは拝めたし、生声、生演奏は全細胞で堪能しました。

私は源さんに会えただけで、生声を聴けただけで、もう満足です。

 

セトリは、なにも言いません。

言うのは全てが終わってから。

だけど、源さんの音楽へのリスペクトが溢れた素晴らしいセトリでした。

Continues、その意味の理解が深まるそんな素晴らしいセトリだったことだけ伝えておきます。

 

源さんが好きで、源さんの紡ぐメロディと詩が好きなら、Continuesツアーは本当に心に刺さると思います。もう一歩、源さんが好きになると思います。これ以上まだ好きになるのか!と思うくらいすでに好きな人も、きっともっと好きになる。

 

今まで普通に聴いていた曲も、Continuesの詩とツアーに源さんが込めた思いを知ってから聴くとまた違う表情を見せてくれます。

 

源さんは本当に音楽とまっすぐ向き合ってる。過去も今も未来も全ての音楽を愛してる。

 

今年は年明け早々yellow pacific 2DAYSがあって、アリーナツアーが始まって、追加公演も決まりました。

8月16日には10枚目のシングル「family song」発売。

CMもウコンの力どん兵衛、今日からはサッポロ生ビール黒ラベルも放送開始です。

ドラマは来月WOWOWの主演ドラマ、10月にはコウノドリ2が待ってます。

そしていつもどおり連載を抱えてます。ラジオも毎週やってます。

 

2017年元旦のCDTVで言ってた今年の目標「無理しない」果たして実現できてるのか心配になるくらいの多忙さです。

 

源さんをいろんな媒体で見られるのはファンにとっては嬉しい。とにかく嬉しい。

だけど、末長く幸せに長生きしてほしい。これもファンみんなの本音。

 

もう倒れる源さん見たくないよ。

 

ワーカホリックな源さんだから、いろんなことに全部まっすぐ向き合うんだろう。そんな源さんがみんな好きです。

でも、身体に気をつけて。そして末長く幸せに。

やっと源さんに会えて、すごく幸せだったから、本当に心からそう思いました。

 

まだツアーは折り返しです。

これから参戦が待ってる人、楽しんで!

期待しまくってもその期待を上回るほど楽しいから!それが星野源だから!

 

f:id:yellowmusic86km:20170701150732j:image

 

期待したほうが負け

今日はcontinuesの当落発表日でした。

 

源友と一緒に3公演ずつ、見事に全部落選しました。

 

東名阪以外もちゃんと選んだんだけどなー。

まさか全部落選するとは…。

 

twitterエゴサするに、わりと最低1公演は当選してる人が多いみたいね。

3公演とも当選してる人もいるみたいだし。

 

なんでここまで源運がないのかと。

 

yellow pacificも外れたし、でも外れたのはcontinuesのために運を使わなかったのだろうと自分を納得させて、今回こそ源さんに会えるだろうと、そう思ってたのに。

そう信じてたのに。

 

yellow pacificもcontinuesもどっちも当選してる人もいて、なんなんだろうね。

不公平だなぁ。

 

こんなこと思うのは源さんのファンとして失格だけど、

何のためにyellow magazineを買ったのかなぁ。

 

yellow passはyellow magazineの主役じゃない。

源さんANNでそう言ってたし、yellow magazineの内容の濃さはyallow passより価値のあるものだったそう思うけど、、、でもyellow pass先行でチケット取れないならもうライブいけるチャンスないじゃん。yellow passの恩恵、0じゃん。

 

はーーーーー。

こんなこと言っても仕方ない。

 

源さんの人気を祝福するべきなんだろうね。

 

オフィシャル先行も応募するけど

もう期待しない。

当たらなくて当たり前。

当たったら奇跡。

そう思わないとやってられない。

 

これだけ期待させといて当たらないとそりゃ心も折れるよ。

もう折れたよ。