日々星野、日々窪田

くだらないの中にある愛を探しながら

私が窪田正孝に惚れたワケ

源さんのことばかり書いてたので今回は私が窪田くんにハマったワケを書いてみようと思う。

 

窪田くんを初めて見たのは(というか認識したのは)逆転大奥(堺雅人菅野美穂の連ドラ)だった。チャラいけどモテモテの町人捨蔵(お楽)が大奥に入り将軍(菅野美穂)との子供を作るんだけど、まず大奥に入る前の捨蔵はとにかくエロい。キスシーンがエロすぎる。色気ダダ漏れ問題。ちなみにその時道端で窪田くんにキスされる町娘はブーム前の吉田羊ちゃん。

 

でも私がこの俳優さん気になる、、、ってなったのはエロいからではなく、大奥に入りお楽と呼ばれるようになってから。演技とか顔とかじゃなく、八重歯。なにこの俳優さん、八重歯かわいい!!!というまさかの八重歯きっかけでした。お楽の無邪気さと八重歯が妙にマッチしてすごく可愛かったんだよね。

 

それからは窪田くんを見るたびに「あ!お楽!八重歯!かわいい!」となった(まだ名前を覚えられなかった)

 

ちゃんと名前覚えたのはSUNMER NUDEかなぁ。お楽の人が出るから見ようかな、みたいな感じだったのか、見てみたらお楽が出てたから見続けたんだったかどっちだったかは忘れたけど、この時にお楽は窪田正孝だと認識して名前をちゃんと覚えた。

 

この時も戸田恵梨香とのキスシーンが話題になってたね。キスシーンの上手い俳優ってなってて。脱線するけど私的窪田正孝最上キスシーンはアルジャーノンに花束をの最終回、大政絢ちゃんとの別れのシーン。最初で最後のキス。あんなに切なくて美しいキスシーンを私は他に知らない。あのシーンは何回再生したかわからんね。今でも脳内再生余裕。そしてドキドキが止まらない。

 

f:id:yellowmusic86km:20161014213015j:image

 

窪田正孝のキスといえば相手の顔を包み込んですることが 多いんだけどそれがたまらないんだよなー。大奥もSUMMER NUDEもそうだった。アルジャーノンは包み込んではないんだけど、なんだろうか、カメラワークも最高なんだけどあの首の傾け方?魅せ方というか。とにかくいいんだよな。てか横顔がそもそも好きなんだ。窪田正孝のなにが素晴らしいって横顔と手の美しさ。これ。

ダメだ、脱線しすぎた。

 

話を元に戻すけど、SUMMER NUDEで窪田正孝の名前を覚えた。その次のクールで私は沼に完全にはまることになりました。そう。「Nのために」です。Nは最初から窪田正孝が出るからという理由で見ることを決めたドラマだった。元々見ようと思ってなかったけど、窪田正孝榮倉奈々(榮倉奈々ちゃんも割と好きだった)が出るの?じゃあ見ようと。

Nを見た人ならわかると思うけど、こんなの窪田くんにハマるに決まってるってくらい窪田くんの演技は素晴らしかった。

事実、窪田くんはNでテレビジョンの最優秀助演男優賞に輝きました。

世間が窪田くんを明確に正しく評価した、そんなドラマだったと思う。

Nについてはいくらでも書けるのでまた別の機会に死ぬほど書きたいと思うけど、とにかくNのためには素晴らしいドラマで、私は人生で初めてドラマのブルーレイディスクを購入したのだ。

 

ラストシーンの美しさは歴史に残る。

 

f:id:yellowmusic86km:20161014213823j:image

 

とにもかくにも、私はNのためにの窪田くんの演技に惚れ込んで、見事に窪田沼にハマるに至りました。

 

その次のクールが前述したアルジャーノンに花束を。で、アルジャーノンは山P主演だったけど、窪田くんの演技が山Pを食っていると話題になったりして、窪田くんは名実共に実力派俳優、カメレオン俳優として広く認知されることに。

 

初めて出会った大奥からジワジワと私の心に侵食してきた窪田くんは今では見事に星野源と二大勢力となって私の心を占めております。