日々星野、日々窪田

くだらないの中にある愛を探しながら

アンナチュラル1話見たので感想書いた

◇ストーリー
野木脚本さすが。常に期待を裏切ってくれる。


二転三転じゃ足りないくらい四転五転くらいストーリー展開に鳥肌でした。


何度も何度も裏切られて、でも最後、高野島さんの名誉が回復してよかった。


本当に良かった。


二股野郎でMERSを日本に持ち込んだ最低戦犯ではなく、一途で真面目で常識的でキスが大好きな男性でした←


医療系もミステリー系も好きであれこれ見ているので、目は肥えている方の視聴者だと思うけどアンナチュラルは完全に大満足。大好き。2話以降も期待しかない。

 

井浦新
こういう協調性のない一匹狼が最後にいいところ持っていくのたまらないっす。
イケメン異端児最高説ある。

 

石原さとみ
松重豊石原さとみの食べるシーンに注目と番宣で言ってた。食べるシーンはこのドラマの鍵だと。


1話だけで5回かな?
朝一の天丼、福士誠治と飲み屋、家でビール、山口紗弥加とあんぱん、ラストシーン(何食べてたっけ、また天丼?)


特にあんぱんは良かったね。

そんな気分じゃないからこそ美味しいものを食べるんだ。


これから私はきっと、つらいことがあった時にはこのシーンを思い出しておいしいものを食べるのだと思う。


山口紗弥加

なんでこんな時なのに美味しいの…嫌になりますね、もすごくよかった。

 

いつも文句も言わずに待っていた福士誠治が今日だけは優先してほしかったっていう気持ちも痛いくらいわかる。


し、あの状況で、不特定多数の未来を優先したこと、遅刻の言い訳にしない、何も言わない石原さとみが切なかった。

 

小笠原海
ラストの、姉ちゃんは寝顔を見せられないんだよ、は染みたなぁ。


「寝顔を愛しいと思える人を愛しなさい」


セリフは少ないけど、姉への思いが心に刺さりました。


私も弟いるけど、姉ちゃんと呼ばれたことは一度たりともないので、個人的には姉ちゃん呼びが羨ましいです←

 

窪田正孝
はい本題。
アンナチュラルでの窪田君の立ち位置はすごく重要だよね。


アンナチュラルは専門性の高いテーマのドラマだから、ドラマの中の世界の当たり前が視聴者の当たり前と乖離して、結果、視聴者を置いてけぼりにするリスクがあるよね。


だからこそ、窪田くんの反応とか、疑問とか、発するとても一般的な発言が大切になってくる。


ドラマのストーリーに視聴者がちゃんとついてこられるように、窪田くんがドラマと私たち視聴者の架け橋になってくれてるんだなと見ていて感じた。


一ファンとしては、常に眼鏡姿だし、バイク乗ってる姿拝めるしで控えめに言っても最高ですよね。本当にありがとうございます。笑


あとは久しぶりに闇を抱えていなそうな窪田くんだなという印象。


Nのためにの成瀬君のような無害で穏やかで優しい声質が聞けてとてもいいです、最高です。

 

アンナチュラル永遠に続かないかな?

もう今からアンナチュラルロスが怖い。

過去最速です。