日々星野、日々窪田

くだらないの中にある愛を探しながら

8話/9話ダイジェストを見ながらつらつら。

(中)会いたいって思いが死者に会わせるなら、
俺は思いが足りないんだな

(ミ)会いたいですか

(中)ああ
会って聞く
お前を殺したクソ野郎は誰なんだ

 

野木さんの書く台詞がすごく好きだ。


そしてキャラクターはみんなすごく人間臭くてとても魅力がある。生き生きしてる。

 

キャスティング素晴らしすぎるんだよな、、、

すごく好み。

UDIラボのみんなはもちろんのこと、毛利さんとか、宍戸さんとかもそうだしね、各話のゲスト俳優さんたちも素晴らしいよね。

 

8話でいったら11番さん(三郎)の元消防士のお父さん役の息子を失った無念さ、怒り、悔しさの演技。

 

「覚えとったんやな、三郎」

 

この一言に込められた深い愛情が苦しいけど美しかった。

 

一つ前に書いたんだけどね、Lemonはやっぱり中堂さんの歌だったって。

 

でもさ、毎話毎話ね、その回の人の歌なんだって思う。

 

夢ならばどれほどよかったでしょう

って

大切な人を突然失ったら、

受け止めきれない現実が立ちはだかったら

誰もが思う。

 

このワンフレーズから始まるLemonの凄さ。